2016年8月8日
    お知らせ
リニューアルしました!

ただいま、施工中!



介護保険法が施行されました。
高齢社会の進行とともに定年後の在宅時間が延び、高齢者の生活はより在宅中心になっています。
しかし、身体機能の低下により、住宅内の段差、浴室やトイレ、水廻りの設備などにも不具合を感じるようになります。
これを解決するための有効な手段として、住環境の整備改修が必要になります。
そこで高齢者や障害を持つ方の福祉医療保険面と住宅改修、福祉用具といった各種の知識を持ち、
又、専門家と連絡を取りながらクライアントに最適な住環境を提供できる
当社福祉住環境コーディネーターが様々なご相談を承ります。